どんなものがある?初心者におすすめの電気製品を自作する方法

電気製品って自作できるの?

電気製品というとテレビやスマートフォンなど様々なものが思い浮かぶと思いますが、多くの方が使っているのはほとんどがメーカー製の製品です。それを自作するといっても、そんなことできるのかと疑問に感じる方は少なくないでしょう。現実にはスマートフォンや電気部品などの精密機器を個人で作るのはかなり難易度が高いですが、一方で自作できる電気製品というのも存在します。

PCの自作は電気製品自作の代表

スマートフォンなどは小型化している関係から部品が市場に出回っていないため自作が難しいですが、一方で自作PCなどはPCユーザーでも行っている方が多いです。自作専用のパーツも数多くの種類が発売されており、自分好みのものを安価で作れるということで人気なジャンルとなっています。はんだ付けなどをする必要はなく、元からある部品をケーブルで繋げていく作業が主になるので電気製品自作の入門編としても良いでしょう。

基盤だけの簡単な自作キット

電気製品を自作する際、様々な部品を自分で買い集める必要があるため億劫になって自作を諦めてしまう方も少なくありません。ジャンルによってはメーカーから色々な型番の部品が発売されどれを選べば良いのかわからなくなるなど、初心者には難しい要素も多々あります。初めは無理をせず、子供向けの電子工作用の自作キットからチャレンジしてみるのが良いでしょう。例えば、簡単なLED時計や照明がおすすめです。高価なものなら少し部品の多いものもあるため、技術上達を目指す人にも、おすすめできる選択肢と言えます。

プリント基板を使うことによって、様々な電子機器が安定して稼働することが可能になります。プリント基板設計には、専用のソフトを使用したり、CADを使用することが多いようです。