自宅を空き巣被害から守る!防犯フィルムの扱い方を学ぼう!

空き巣の多くは窓ガラスを割って侵入する

住宅が空き巣被害に遭うのは窓ガラスが簡単に割られてしまうのが大きな理由です。空き巣の多くは住宅にいくつもある窓ガラスから侵入しやすい所を選び、そこのガラスを割って侵入します。そのため、空き巣被害を防ぐには窓ガラスに防犯フィルムを貼り付けるのが効果的であることは間違いありません。防犯フィルムは防犯グッズの中では非常に安価なので、出費を抑えながら空き巣被害を未然に防ぐことが可能になります。

防犯フィルムの選び方は窓の寸法や衛生状態で変わる

防犯フィルムは窓ガラスと同じサイズでなければ効果がありません。ガラスの全面に貼り付けることで強度を上げる物なので、サイズが合わないとすき間の部分から強引に剥がされてしまいます。そのため、市販の防犯フィルムを購入する場合は必ず窓ガラスと同じサイズの製品を選ぶように心がける必要があります。自分で切り分けるタイプの製品はすき間が生じる可能性があるのでフィルムの扱いに慣れていない初心者は避けるのが無難です。また、フィルムに気泡が入り込んでも防犯性が損なわれるので注意しなければいけません。ガラスの汚れは微小な凹凸を形成するのでフィルム内に気泡ができやすくなります。フィルムの接着力が弱くなるのも汚れがもたらすデメリットの一つです。

防犯フィルムを貼る際は事前に窓ガラスの汚れを取り除き、表面を滑らかな状態にすることを忘れてはいけません。少しの手間をかけることが窓の防犯性を向上させ、空き巣被害から家族や財産を守ることに繋がります。

防犯フィルムは窓ガラスの内側に貼って、鍵の周辺を強化することにより防犯効果を高めるものです。手頃な値段で防犯対策をしたい人に最適です。