タイムレコーダーを導入するメリットとデメリット

社員の勤怠管理がわかりやすくなる

タイムレコーダーを導入する際に生じる一番のメリットは社員一人ひとりの出勤時間と退勤時間が把握しやすくなることです。タイムレコーダーを導入していない場合は社員の自己申告だったり、手書きで出勤したことを記載しているケースがほとんどでしょう。しかし、これらの方法は社員が本当にこの時間に出勤・退勤しているのかわかりづらく、時給や残業代が正確に計算されないという問題があります。つまり、社員によっては残業時間を実際よりも長く申告したりするケースもあるのです。タイムレコーダーを導入することによって出勤時間と退勤時間を把握しやすくなり時給に応じた給料の計算や残業時間、残業代を正確に把握することができるようになります。

勤務時間の集計に時間がかかる

タイムレコーダーは一見便利そうに見えますが、これらの方法はすべて社員が自分の手で打刻するという非常にアナログな方法です。そのためタイムレコーダーには様々なデメリットが挙げられます。
その中でも一番の問題が勤務時間の集成に多くの時間がかかってしまうということです。タイムレコーダーでタイムカードに社員が打刻する方法を取った場合、社員すべてのタイムカードの打刻された出勤時間・退勤時間を人事部が全て自力で計算して給料や残業代の計算をしなくてはいけません。そのため、規模の大きな企業ではタイムレコーダーを導入してもコストが下がることはなく、むしろ給料計算が煩雑になることによってコストが増えてしまう可能性があります。

現在、タイムレコーダーはとても多くの種類が流通しています。その機種によって様々な特徴があるので自分の会社にあったものを選ぶようにしましょう。