代行のメール送信を利用する場合に知っておきたいこと

どの程度一斉配信できるか

メール送信サービスの代行業者に依頼する場合には、どの程度一斉メールを配信することができるか調べておく必要があります。たいていの場合、メール配信数が増えるほど料金が高くなります。例えば、一度の配信数が10,000通を超える度に月額料金がいくらか上がっていく仕組みを採用しているところが多いです。また、配信されるメールがエラーになる可能性がどれほどあるのかもよく調べておいた方がよいでしょう。エラーとは、迷惑メールに入ってしまう場合やそもそもメールが届いていない場合を意味しています。いくら配信する数が多くても、エラーメールが多ければ配信している意味があまりありません。より精度の高いサービスのところを選ぶことで、反応率も高くなります。

セキュリティが充実しているか

メール配信の代行業者を選ぶ場合には、どれだけエラーメールが少ないかも重要になりますが、それと同時に重要になるのがウイルス対策です。インターネット上でメールを配信する場合には、ウイルスの問題を考えておかなければいけません。ウイルス対策として、十分なセキュリティが施されている所ならば安心して利用することが可能になります。当然セキュリティ対策にはお金がかかりますので、毎月の月額費用も若干高くなることは覚悟しておかなければいけません。逆に安過ぎるような場合は、セキュリティが充実しておらずウイルスに感染してしまう可能性があります。ウイルスに感染したメールをばらまいてしまうと、会社の信用はあっという間に落ちてしまいます。そのため、セキュリティ対策の充実したところを選ぶことは、最重要課題といっても過言ではないのです。

今の時代、情報を得ようとする場合インターネットサイトなどが主流です。特にメール配信は、文字情報でシンプルに意味を理解できます。