面接と書類選考だけでは足りない?適性検査でいい人材が採用できる?

適性検査は大きく分けて2種類

適性検査には様々な種類があり、それぞれ調べられる内容が異なります。大きく分けると2種類に分かれます。最もよく利用される能力検査は基本的な言語力や計算力など社会生活に必要な学力レベルを調べる検査です。能力検査にもごく基礎的なものから高度なものまであります。もう一つは、気質や性格的な傾向、集団の中でどのような行動傾向を持つのかを調べる検査です。

欲しい人材を明確にしてから適性検査を選ぼう

適性検査を選ぶときには企業が求めている人材を明確にすることが必要です。単純作業を飽きずにこなし続ける能力や気質、新しいことに挑戦するタイプ、精密な計算をこなす能力など、職種や業種によって必要な人材は変わります。学力検査で優秀な人でも、飽きっぽい人もいます。言語能力が優れていても人前で話すのが苦手だっているのです。その人が持つ能力や気質にそぐわない採用や配置をすることは企業にも採用された人にも不利益です。

適性検査の実施方法について

適性検査は会場検査と在宅検査があります。また、紙回答方式とWEB回答方式があります。適性検査の種類によってできる方法が変わってくるのです。応募者が多数でしかも遠方が多い場合には在宅検査が企業も応募者も経費や時間の節約になります。会場でしかできない適性検査の場合には、自社内や社外会議場など会場を準備が必要です。

適性検査で得られる効果

適性検査の前には検査の種類を決めるために人材に対する協議が必要です。この協議によって採用に対する社内の意思統一ができます。また、書類選考だけでは能力や人格を判断するのは難しいものです。面接では面接官の主観が強く反映されて客観的な評価が難しいこともあります。適性検査は能力や気質、行動傾向を数値にして客観視することができます。

適性検査とはインターネット上などで聞かれた質問に答えていき、自分の能力や人となりを分析してくれるものです。特に、就職活動の際によく使われます。