効果的なデザインにするには?!オリジナル紙袋製作

オリジナル紙袋の効果とは

アパレルのショッパー、企業の展示会で配られる手提げ袋、お菓子や食品持ち帰り用の袋など、店舗や企業がオリジナルで製作した紙袋を受け取る機会は多くあります。デザインや質が良ければ、その後も二度三度と使うこともあるでしょう。

オリジナル紙袋を製作する店舗や企業の側からすると、使われるたびに店舗の名前、企業の印象、商品のことなどが思い出され潜在意識に刷り込むことができますし、街中での宣伝効果も期待できます。オリジナル紙袋を製作するなら、デザインや質は決して軽視できません。

用途別おすすめデザイン

オリジナル紙袋の製作を依頼する業者は数多くあります。まずサイズ、紙質、枚数を決めるとおおよその見積りを出すことができます。その後、持ち手部分の紐の種類、ハトメの有無、特殊加工などを検討していくとよいでしょう。

サイズや紙質、追加の加工等は用途によって特徴が変わってきます。例えばアパレルのショッパーの場合、横長の紙袋がおすすめです。柔かい商品を入れてもシワになりにくく、取り出しやすいからです。箔押し加工を活用してブランド名を強調させることもできます。対して企業の展示会用・営業用として製作する紙袋は、縦長でA4サイズの書類が入るものが多いです。企業ロゴやコーポレートカラーを使用したデザインでオリジナル性を持たせることができます。また、ジュエリーなどを入れる目的の場合は、小さいサイズにすることで高級感を持たせる効果があります。さらに持ち手の紐穴にハトメを使用すると、強度を高めるだけでなくワンポイントになりおしゃれに仕上がります。

せっかく製作するオリジナル紙袋、商品や企業のイメージと目的に合った効果的なデザインにしたいですね!

紙袋の印刷は、大きく二つの方法に分けられます。一般的な印刷方法であり、写真やイラストなど様々な表現が可能なオフセット印刷と、1万枚を超えるような大量印刷に向くフレキソ印刷です。