営業部隊を持たない会社がアウトソーシングする

営業のプロが新規の顧客を獲得する

会社によっては何等かの影響によって、営業部隊を持っていない場合があります。営業がいないとその会社の売り上げに大きくかかわるような会社は一般的には営業マンがいます。しかし、自分の会社内には営業マンがいなくて、全ての営業活動をアウトソーシングという形で外部の専門業者にお願いするところもあります。外部にアウトソーシングするメリットもあればデメリットもあるでしょう。そんなに人件費をかけずに営業活動を行ってもらい、さらに営業活動で成果を出すことができれば、わざわざ会社に社員を営業マンとして置いておく必要がありません。アウトソーシングであれば、営業のプロが対応してくれますから、研修等を行う必要もありません。普通に社員を一人雇って、一人前の営業マンに育てていくためには最低でも一年間程度の年月は必要です。一人前になるまでにかなりの人件費がかかるので、やはり営業代行利用がベストでしょう。

業者によって得意分野がある

インターネットを使って調べてみるとわかりますが、営業代行を行っている業者によって、営業獲得でどの分野に強いかがあります。ですから、自分の会社の分野とうまく一致できている営業代行業者を探すことがポイントです。もちろん、苦手なので受けたくないというような営業代行業者はいませんが、せっかく依頼するなら強い業者に仕事をお願いしておいた方が、より良い実績をどんどんと積み上げてきてくれるでしょう。これで営業実績もどんどん伸びていきます。

営業代行では、特定の時期のみ依頼することも可能なため、自社の営業スタッフを増員すること無く柔軟性の高い営業活動を行えます。