どんなものがあるの?社員研修のメニューあれこれ

新人社員にはビジネスマナーやビジネススキル関連

社員研修には、対象となる社員や研修の内容によって様々なメニューがあります。例えば新人社員や新卒の社員に対してのメニューとしては、ビジネスマナーやビジネススキルなどの基本的かつ個々の能力が向上できるメニューで研修が行われます。特に若手かつ新人の社員はまだ基本的なスキルや考え方、マナーが定着していないので業務に支障が出てしまうケースも多いです。そのため基礎的な部分を学べる研修を通じて効率よく業務ができるように支援しつつ、個々の業務遂行能力の向上を図るのが研修の目的となります。

中堅社員にはコーチング研修がおすすめ

ある程度業務もスムーズにこなせるようになり、ビジネスマナーやスキルも身についてきた中堅社員向けの研修マナーがコーチングです。コーチングとは部下を育成するための技術で、中堅社員となれば後輩や部下に指導をしたり指示をするなどまとめ役としてのスキルが求められてきます。そのためコーチングを中心とした研修メニューに取り組んでもらい、どのように部下を育成していけばいいのかを学んでもらうのがおすすめです。そうして部下を育成できるようになれば社員そのもののスキルも向上するので、結果的に会社全体のスキルアップを目指せます。

管理職にはリーダーシップ研修に関するメニューを

そして管理職として仕事をしている社員には、リーダーシップ研修などの組織や会社そのものを引率できるスキルを養える研修メニューが提供されています。これは部下だけではなく携わる組織全体を動かせる能力やスキルを身につけるためには必須のメニューとされていて、最終的には会社全体に影響を与える人材を育成できるのです。社員のモチベーション管理や行動方針の打ち出しなどもできるようになるので、管理職におすすめです。

mg研修とは、ゲームを通して会社経営を疑似体験し、理論と感覚を養う研修のことです。もともとは、経営者育成のために日本の一企業によって考案されたものですが、今や世界中に広がり海外でも実施されています。